組織について

組織図

「内部管理態勢改善室」設置について
エスコンアセットマネジメントは、投資家に正確・公正かつ透明性の高い客観的な情報の迅速な提供に努め、投資家の資産保全に最大の配慮を払うとともに、投資家を保護し公正な不動産投資市場を形成する責任を自覚し業務を行います。その上で、コンプライアンスを経営の最重要課題として位置付け、役職員に対して、投資運用の専門家としての責任を自覚し、常に忠実義務及び善管注意義務を遵守することを求めています。
投資法人の資産運用業務においては投資主の資金を運用する行為であるという重要性を理解し、適正な運用体制を構築するため、コンプライアンス部に、2020年6月1日付で新たに「内部管理態勢改善室」を設置しました。当社が日本エスコングループの資産運用会社であり、エスコングループが開発する良質な不動産をリートにて運用し、グループの賃貸管理会社に不動産管理業務の委託等を行う利害関係者取引が多いビジネスモデルであるリートであることを認識のうえ、今後のビジネスの拡大に向けて、利害関係者取引時に起こり得る利益相反取引の防止態勢をはじめ内部管理態勢の強化に努める所存です。
  1. ホーム
  2. 企業情報
  3. 組織について

このページの先頭へ